読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天守台展望デッキから奈良市を眺望・・(^◇^)

天守台展望デッキから奈良市を眺望・・(^◇^)

おはようございます・・(^◇^)

今朝の奈良は、快晴で少し肌寒い感じですが、爽快な目覚めに・・(^◇^)

生ごみの日なので、ゴミ出しに・・(^◇^)

今朝は、生駒山を見ると靄ってなく風もなく綺麗に見えています・・(^◇^)

今の雨戸を開くとマリア猫が、餌の催促を・・(^◇^)

だけど、半分ほど食べてもう、雲隠れです?

今日もならまほろばソムリエにチャレンジを・・(^◇^)

第一問は、桜井市の初瀬川を源流とし、奈良盆地を西に向かって流れ、堺市大阪市の間で、大阪湾に流れ込む河川です。

奈良盆地内の大半の歌仙を生駒山系の手前までに合わせる河川です・・(^◇^)

ヒントは、奈良盆地内の奈良市などを流れる川が一つありますよね。

第二問の三ツ鳥居は、三輪鳥居とも呼ばれ、大神神社では見たことがない人でも、山の辺の道を歩いた人なら、檜原神社で、この鳥居を見たことがあると思います。

奈良では、風物詩でもある、三輪そうめんは有名ですが、その商品ロゴに鳥居の絵がが使われていますよね。

では、挑戦を・・(^◇^)

(1) 次の河川のうち大和川水系に属する河川はどれか。

ア.川迫川 イ.秋野川 ウ.佐保川 エ.大和丹生川

(2) 大神神社拝殿奥に立つ三ツ鳥居(三輪鳥居)は独特の形をしているが、それは次のどれか。

ア.横木が三本ある変形の明神型鳥居。

イ.独立した三つの鳥居が注連縄で結ばれている。

ウ.中央の明神型鳥居の左右にやや背の低い明神型鳥居を組合わせた鳥居。

エ.上から見ると三角形になるように鳥居を三つ並べた三方正面の鳥居。

昨日は、大和郡山市を久し振りにならまほろばソムリエの勉強会の仲間と散策しました・・(^◇^)

多くを郡山城跡で、時間を費やして、5時過ぎまで、説明を受けながら散策を・・(^◇^)

場所によっては、奈良時代の歴史も紐解きながら説明を受けて、感心して勉強させてもらいました。

その後に、反省会と銘打って、お酒を飲んで帰ると阪神が苦戦を?

結果は、2−1で、敢勝して、貯金が12に・・(^◇^)

また祝勝で飲んで二日酔いで今朝は頭が痛いです?

今日も良い日でありますように・・(^◇^)

今日の回答1ウ2ウ

http://simplog.jp/pub/mx/28976934/19

夏に

なると幽霊が見たくなる。(`・ω・´)

まあ私の場合、年がら年中幽霊を見たいんですが、一回も見た事がない。(´・ω・`)

心霊スポットに行こうが、夜中出歩こうが、私の前に幽霊さんは現れない。(´;ω;`)

出てこーい!。(`・Д・´)

悪霊でもかまわない!。(`・ω・´)

お話しようよ。(´・ω・`)

色々聞くよ?。

悩みでも愚痴でも。

あ!成仏の仕方は他の人にね。

そっちのスキルはないから。(^^;

どちらかちうと惑わす方だからさ。(笑)

だらしなく生きてるから、両親が化けて出そうなもんだが。(^^;

ばあちゃんも出んなぁ。(´・ω・`)

ちうか肉親も一切出やがらねえ。(ФДФ)

墓参り行ってないのにねえ。

普通、墓参りとかしない不義理したら、出るって聞くんだけどなぁ。(^^;

よし、こっちから乗り込むか?。(`・ω・´)

どうやりゃいいか分からんけど。(笑)

広告を非表示にする

ピースボート

 定年退職したばっかりのAさんに老後の夢を尋ねた。

 客A「俺の夢は65歳になったら世界一周する事や。絶対するで」

 私 「ああ、新世界な。あそこやったら半日で回れるわ」

 客A「新世界と違うがな。ピースボートで世界一周や」

 私 「ピースボートはなんぼするのん?」

 客A「食費込みで120万円や」

 私 「3ヵ月食事が付いて120万円かいな。電気代もガス代もいらんからエエやん」

 客A「そらそうや。船は関西電力大阪ガスも関係ない」

 私 「酒代は?」

 客A「アルコール代は別やわ」

 私 「小遣いは付いてないの?」

 客A「どこぞの世界に小遣いをくれる旅行会社があるのん。小遣いは別や!」

 私 「ほんだら旅費とは別になんぼかお金を持って行かんなアカンなあ」

 客A「そうや、小遣い30万円に土産代に20万円…」

 私 「Aさんは土産代は要らんやん」

 客A「何で?」

 私 「お土産をやる様な恋人も友達もいてないやん」

 客A「痛いとこ突くなあ」

 私 「まあ。ピースボートで3か月間、平和な気分でボーットしといでや」

 客A「そうするわ」

ピースボート=国際交流を目的として設立された日本の非政府組織が『地球一周の船旅』を主催している船舶旅行の名称。

 一句:夢叶う ピースボートで 地球旅

 謎かけ:ピースボートとかけて、犯したミスを悔やむと解く。どちらも(航海・後悔)します

広告を非表示にする

1.■5月18日(木)国際親善デー 

記念日・年中行事

□世界電気通信および情報社会の日(英語版)( 世界)

 1865年のこの日に国際電気通信連合 (ITU) の前身である万国電信連合が設立されたことを記念し、国際電気通信連合が1973年に「世界電気通信の日」として制定した。

 2005年の世界情報通信サミットにおいて世界電気通信の日と同じ5月17日を「世界情報社会の日」とすることが決議され、翌2006年のITU全権大使会議において、2つの国際デーをあわせて「世界電気通信および情報社会の日」とすることが決議された。

□世界高血圧デー(高血圧の日)( 世界)

 世界高血圧連盟が2005年に制定。

 日本では2007年から「高血圧の日」として実施されている。

国際反ホモフォビアの日( 世界)

 1990年のこの日に世界保健機関で国際障害疾病分類から同性愛を削除することが決議されたことを記念。

憲法記念日(英語版)( ノルウェー

 1814年のこの日、オスロ郊外のアイツヴォルでノルウェー憲法が調印された。

憲法記念日ナウル

 1968年のこの日に憲法が制定されたことを記念。

解放記念日コンゴ民主共和国

 1997年のこの日、コンゴ・ザイール解放民主勢力連合 (AFDL) のローラン・カビラが第一次コンゴ戦争の勝利宣言をしたことを記念。

□生命・きずなの日( 日本)

 臓器提供したドナーの家族で作る日本ドナー家族クラブが2002年に制定。

 5月は新緑の候で生命の萌え立つ季節であることから、17日は「ド(十=とお)ナー(七)」の語呂合せ。

出来事

1521年 - 大司馬バッキンガム公エドワード・スタフォードが反逆の容疑で処刑。

1792年 - ニューヨークの仲買人がすずかけ協定を結びウォール街での証券取引が始まる。これが後にニューヨーク証券取引所に発展する。

1805年 - ムハンマド・アリーがエジプト総督(ワーリー(英語版))に就任。

1814年 - ノルウェー憲法が採択され、デンマークからの独立を宣言。デンマーク王家のクリスチャン・フレデリクがノルウェー王に就任。

1833年 - アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナがメキシコ大統領に就任。

1860年 - ドイツのサッカークラブ、TSV1860ミュンヘンが設立される。

1865年 - 万国電信連合(現 国際電気通信連合)が発足する。

1868年(明治元年4月25日) - 日本からハワイへの密航移民約150人が横浜を出港。

1875年 - 第1回ケンタッキーダービーが開催され、アリスティデスが勝利。

1875年 - 最初の屯田兵が北海道に入植。

1889年 - 府県制・郡制公布。

1938年 - 日中戦争: 徐州会戦で西住小次郎戦車小隊長が戦死。日中戦争初の軍神となる。

1940年 - 第二次世界大戦: ナチス・ドイツによってブリュッセルが占領される。

1943年 - 第二次世界大戦: イギリス空軍の第617中隊によってチャスタイズ作戦が行われる。

1945年 - 富山地方鉄道本線越中三郷駅 - 東新庄駅間で、電車正面衝突事故。乗客ら45人が死亡、重傷者85人、軽傷者115人。

1947年 - 参議院の無所属議員58人が院内会派緑風会を結成。

1954年 - アメリカ合衆国最高裁判所ブラウン対教育委員会裁判で、「人種分離した教育機関は不平等」との判決を出す。

1956年 - 石原慎太郎原作の映画『太陽の季節』が封切り。石原裕次郎が映画デビュー。

1962年 - 大日本製薬が、前年11月に奇形児出産の恐れがあると指摘されるも製造を続けていたサリドマイドの出荷を停止。

1969年 - ベネラ計画:ソ連の金星探査機「ベネラ6号」が金星に着陸。

1973年 - ウォーターゲート事件: 上院ウォーターゲート特別委員会の公聴会を開始。

1978年 - エルサルバドルで日本とエルサルバドルの合弁企業インシンカの社長・松本不二雄が、FARN(全国抵抗武装軍)と名乗る組織により誘拐。同年10月に遺体で発見。(日本時間5月18日)

1983年 - レバノンイスラエル・アメリカが、レバノンからのイスラエル軍の撤兵協定に調印。

1985年 - 男女雇用機会均等法が成立。

1987年 - アメリカ海軍のフリゲート「スターク」にイラク軍機が発射したミサイルが命中し、37名の死者を出す。

1990年 - 世界保健機関で国際障害疾病分類から同性愛を削除することが決議。

1991年 - 暗黒の5月事件。タイ王国でスチンダー・クラープラユーン将軍の首相就任に反発した国民が抗議デモ。軍部が武力で鎮圧し、300名以上の死者が出る。

1994年 - マラウイで建国以来初の複数政党制による総選挙を実施。

1995年 - ジャック・シラクがフランスの大統領に就任。

1995年 - チベットで当時6歳の パンチェン・ラマ11世が中国政府によって拉致される。

1997年 - 第一次コンゴ戦争: コンゴ・ザイール解放民主勢力連合 (AFDL) のローラン・カビラが勝利宣言をして大統領に就任し、国名をザイールからコンゴ民主共和国に変更する。

2004年 - マサチューセッツ州同性結婚が法的に認められる。

2007年 - ロシア正教会と在外ロシア正教会の和解が成立。

2007年 - 京義線・東海線鉄道及び道路の連結事業: 韓国と北朝鮮の間で56年ぶりに分断された南北鉄道で鉄道の試運転が行われる。

2007年 - 愛知長久手町立てこもり発砲事件が発生。SAT隊員の巡査部長が犯人の銃撃を受けて殉職し、史上初めてSAT隊員の死亡者が出る。

2008年 - 埼玉スタジアム2002で開催したJリーグ浦和レッズガンバ大阪の試合終了後、両クラブサポーター間の乱闘に端を発しての暴動事件が発生。

2015年 - 大阪都構想の是非を問う住民投票が行われ、反対多数で否決。提唱者であった橋下徹市長は政治家引退を表明。

2015年 - 川崎市簡易宿泊所火災が発生。

誕生日

1155年(久寿2年4月15日) - 慈円鎌倉時代天台宗の僧(+ 1225年)

1749年 - エドワード・ジェンナー、医学者(+ 1823年)

1817年 - イリニ・ヤーノシュ、発明家、化学者(+ 1895年)

1836年 - ノーマン・ロッキャー、天文学者(+ 1920年

1836年 - ヴィルヘルム・シュタイニッツ、チェスプレイヤー(+ 1900年)

1844年 - ユリウス・ヴェルハウゼン、聖書学者、言語学者(+ 1918年)

1863年(文久3年3月30日) - 町田忠治、政治家(+ 1946年)

1866年 - エリック・サティ、作曲家(+ 1925年)

1873年 - アンリ・バルビュス、作家、社会運動家(+ 1935年)

1873年 - ドロシー・リチャードソン、小説家(+ 1957年)

1886年 - アルフォンソ13世、スペイン国王(+ 1941年)

1886年 - ワルワーラ・ブブノワ、美術家(+ 1983年)

1888年 - 安井曽太郎、画家(+ 1955年)

1889年 - 雨宮治郎、彫刻家(+ 1970年)

1897年 - オッド・ハッセル、物理化学者(+ 1981年)

1901年 - 古在由重、哲学者(+ 1990年)

1903年 - クール・パパ・ベル、ニグロリーグの野球選手(+ 1991年)

1904年 - ジャン・ギャバン、俳優(+ 1976年)

1907年 - 塩見俊二、政治家(+ 1980年)

1908年 - 井口基成、ピアニスト(+ 1983年)

1909年 - カール・シェーファーフィギュアスケート選手(+ 1976年)

1909年 - 横山隆一、漫画家(+ 2001年)

1911年 - モーリン・オサリヴァン、女優(+ 1998年)

1912年 - シャーンドル・ヴェーグ、ヴァイオリニスト(+ 1997年)

1916年 - 石沢英太郎、推理作家(+ 1988年)

1918年 - ビルギット・ニルソン、ソプラノ歌手(+ 2005年)

1921年 - デニス・ブレイン、ホルン奏者(+ 1957年)

1926年 - 氏家齊一郎日本テレビ放送網会長(+ 2011年)

1926年 - 松本善明、弁護士、政治家

1928年 - 長谷部栄一、元プロ野球選手

1935年 - 松尾和子、歌手(+ 1992年)

1935年 - 北葉山英俊、大相撲力士、元年寄枝川(+ 2010年)

1936年 - デニス・ホッパー、俳優(+ 2010年)

1937年 - 安部譲二、小説家

1940年 - アラン・ケイ、計算機科学者

1940年 - フランク・ヤシック、元プロ野球選手

1940年 - イングリート・ヴェンドル、フィギュアスケート選手

1941年 - 藤公之介、作詞家

1944年 - 舟崎靖子、詩人、児童文学作家

1944年 - ポール・クロスリー、ピアニスト

1945年 - トニー・ローチ、テニス選手

1946年 - 須田健治、新座市

1948年 - 高橋里志、元プロ野球選手

1948年 - カルロス・メイ、元プロ野球選手

1949年 - 加納茂徳、元プロ野球選手

1949年 - ビル・ブラッフォード、ミュージシャン(イエスキング・クリムゾン

1950年 - 土肥健二、元プロ野球選手

1950年 - ヤネス・ドルノウシェク、スロベニア大統領(+ 2008年)

1951年 - 太地琴恵、女優、声優

1951年 - 松本龍衆議院議員

1953年 - 島田陽子、女優

1955年 - ビル・パクストン、俳優(+ 2017年)

1956年 - ボブ・サゲット、コメディアン、俳優

1956年 - 相本芳彦、アナウンサー

1956年 - シュガー・レイ・レナード、プロボクサー

1957年 - 団野村、元プロ野球選手、交渉代理人

1958年 - ひかわ玲子、小説家

1959年 - 曽我ひとみ、日本人拉致被害者

1959年 - 池田親興、元プロ野球選手

1959年 - 山形由美、フルート奏者

1960年 - 早川和夫、元プロ野球選手

1961年 - エンヤ、ミュージシャン

1964年 - 曽利文彦、映画監督

1965年 - 田原浩史テレビ朝日アナウンサー

1965年 - トレント・レズナー、ミュージシャン(ナイン・インチ・ネイルズ

1966年 - 常盤響、写真家

1967年 - 三輪テツヤ、ミュージシャン(スピッツ

1968年 - 城之内早苗、歌手

1968年 - 斎藤陽子、タレント、元長野朝日放送アナウンサー

1968年 - デイヴ・アブラジーズ、ドラマー

1969年 - 五十嵐充、ミュージシャン、元Every Little Thingメンバー

1969年 - 我那覇文章、俳優

1969年 - Andy山本、ゲームソフトプロデューサー

1969年 - 木戸脇真也、元プロテニス選手

1969年 - 森雄一、ディスクジョッキー

1970年 - 坂井真紀、女優

1970年 - 大貫かおり、タレント

1970年 - セバスチャン・ブリテンフィギュアスケート選手

1972年 - 福田雅一、プロレスラー(+ 2000年)

1973年 - 白木清か、元アナウンサー

1973年 - 細川延由、バレーボール選手

1974年 - 副島孔太、元プロ野球選手

1974年 - 内田貴光、マジシャン

1974年 - アンドレア・コアー、ミュージシャン(ザ・コアーズ)

1974年 - 川谷修士、お笑い芸人(2丁拳銃

1975年 - スコット・シーボルプロ野球選手

1975年 - エリエル・サンチェス、野球選手

1976年 - 井ノ原快彦、歌手・アイドル(V6)

1976年 - 井川修司、お笑い芸人(イワイガワ

1976年 - ホセ・ギーエン、元メジャーリーガー

1977年 - 狩野美雪、バレーボール選手

1977年 - 奈良将史、元プロ野球選手

1977年 -斉藤一平 、俳優、プロボクサー

1978年 - 渡邉恒樹プロ野球選手

1978年 - カルロス・ペーニャ、メジャーリーガー

1978年 - 山岸範宏、サッカー選手

1981年 - 久保田裕之、ファッションモデル、俳優

1981年 - フラビア・オッタビアーニ、フィギュアスケート選手

1981年 - シリ・マイモン、歌手

1982年 - 大黒美和子(旧芸名・大黒裕貴、黒木梨花)、歌手

1982年 - 中村礼子、水泳選手

1982年 - トニー・パーカー、バスケットボール選手

1982年 - ニック・マセット、メジャーリーガー

1983年 - 小正裕佳子、元NHKアナウンサー、現在フリーアナウンサー

1983年 - 松田宣浩プロ野球選手

1984年 - 伊崎右典、歌手 (FLAME)

1984年 - 伊崎央登、歌手 (FLAME)

1984年 - クリスティアン・ボラーニョス、サッカー選手

1984年 - イゴール・デニソフ、サッカー選手

1984年 - 生野陽子、フジテレビアナウンサー

1984年 - 寺田桜子カーリング選手

1984年 - 飯田洋輔、劇団四季俳優

1985年 - マット・ライアン、アメリカンフットボール選手

1986年 - 神子島みか、レーシングドライバー

1988年 - 米倉恒貴、サッカー選手

1989年 - テッサ・ヴァーチュ、フィギュアスケートアイスダンス選手

1990年 - 松田翔太プロ野球選手

1990年 - レヴェン・ランビン、女優

1991年 - 小林香菜、元AKB48

1991年 - 豊福晃司、プロ野球選手

1993年 - 岩本照、ジャニーズJr.

1993年 - 佐山彩香、グラビアアイドル、女優

1993年 -鴨下望美、秋田放送アナウンサー

1994年 - 溝脇隼人、プロ野球選手

1997年 - 田中若葉、ファッションモデル

1998年 - 朝長美桜HKT48

1998年 - 高山優希、プロ野球選手

忌日

1246年(寛元4年閏4月1日) - 北条経時鎌倉幕府第4代執権(* 1224年)

1336年(正慶5年/延元元年4月6日) - 後伏見天皇、93代天皇(* 1288年)

1510年 - サンドロ・ボッティチェッリ、画家(* 1445年)

1626年 - ジョアン・パウ・プジョル、作曲家(* 1570年)

1643年 - ジョヴァンニ・ピッキ、作曲家(* 1571年/1572年)

1727年 - エカチェリーナ1世ロシア皇帝(* 1684年)

1735年 - ゲオルク・フリードリヒ・カール、バイロイト侯領の辺境伯(* 1688年)

1765年 - アレクシス・クレロー、数学者(* 1713年)

1786年(天明6年4月20日) - 趙陶斎、書家(* 1713年)

1799年(寛政11年4月13日) - 桑山玉洲、文人画家(* 1746年)

1818年(文政元年4月13日) - 伊能忠敬、測量家(* 1745年)

1838年 - タレーラン=ペリゴール、フランス革命期の政治家(* 1754年)

1838年 - ルネ・カイエ、探検家(* 1799年)

1858年 - ヘレーネ、オルレアン公フェルディナン・フィリップの妃(* 1814年)

1867年(慶応3年4月14日) - 高杉晋作、幕末の志士(* 1839年)

1868年(慶応4年4月25日) - 近藤勇新選組局長(* 1834年

1871年(明治4年3月28日) - 毛利敬親長州藩主(* 1819年)

1875年 - ジョン・C・ブレッキニリッジ、第14代アメリカ合衆国副大統領(* 1821年)

1884年 - ルイ・ブラッサン、ピアニスト、作曲家(* 1840年

1886年 - 3代目桂文吾、落語家

1889年 - マリー、バイエルン王マクシミリアン2世の妃(* 1811年)

1889年 - マルセル・モイーズ、フルート奏者(+ 1984年)

1890年 - 沼間守一、ジャーナリスト、自由民権運動の活動家、東京府議会議長(* 1844年)

1905年 - ジョン・アバディー、メジャーリーグベースボール選手(* 1854年)

1908年 - 徳川義礼、貴族院議員(* 1863年)

1917年 - チャールズ・ブルック、第2代サラワク王(* 1829年

1919年 - 中村歌六 (3代目)、歌舞伎役者(* 1849年)

1934年 - キャス・ギルバート、建築家(* 1859年)

1935年 - ポール・デュカス、作曲家(* 1865年)

1945年 - 滝精一、美術史家(* 1875年)

1949年 - バラージュ・ベーラ、映画評論家、詩人、劇作家(* 1884年)

1949年 - 海野十三、SF作家(* 1897年)

1951年 - 貞明皇后、皇族、大正天皇の皇后(* 1884年)

1964年 - 出羽湊利吉、大相撲の力士(* 1907年)

1966年 - ランディ・ターピン、プロボクサー(* 1928年)

1981年 - ヒューゴー・フリードホーファー、作曲家(* 1901年)

1986年 - 服部富子、歌手(* 1917年)

1986年 - リュドミラ・パホモワ、フィギュアスケート選手(* 1946年)

1987年 - グンナー・ミュルダール、経済学者(* 1898年)

1989年 - フィン・ユール、家具デザイナー(* 1912年)

1991年 - ジョージ・イヴリン・ハッチンソン、動物学者(* 1903年

1993年 - 猪熊弦一郎、画家(* 1902年)

1994年 - 古岡秀人、編集者、学習研究社創業者(* 1908年)

1994年 - 村松剛、評論家、フランス文学者(* 1929年)

1996年 - ジョニー・ギター・ワトソン、ブルースギタリスト(* 1935年)

1999年 - ブルース・フェアバーン、音楽プロデューサー(* 1949年)

2000年 - ドナルド・コガン、カンタベリー大主教(* 1909年)

2001年 - 團伊玖磨、作曲家、エッセイスト(* 1924年

2004年 - 矢野幸夫、元調教師、馬の整体師(* 1917年)

2004年 - イッズッディーン・サリーム、イラク統治評議会議長(* 1943年)

2004年 - 鈴木貴久、元プロ野球選手・コーチ(* 1963年)

2005年 - 池田純一、元プロ野球選手(* 1946年)

2007年 - ロイド・アリグザンダー、児童文学・ファンタジー作家(* 1924年

2007年 - 塩沢とき、女優(* 1928年)

2007年 - 藤原伊織、小説家(* 1948年)

2008年 - 松田光弘、ファッションデザイナー(* 1934年)

2009年 - 頼近美津子、アナウンサー、司会者、女優(* 1955年)

2009年 - 宇佐美徹也、スポーツライター、日本プロ野球公式記録員(* 1933年

2011年 - ハーモン・キルブルー、メジャーリーガー(* 1936年)

2012年 - ドナ・サマー、ポップ・ミュージック歌手(* 1948年)

2015年 - 車谷長吉、作家(* 1945年)

2016年 - 堀内光雄、政治家・富士急行会長(* 1930年)

2016年 - 水谷優子、声優、歌手、ナレーター(* 1964年)

魂が選んだら名前

魂が選んだ、あなたの名前に、大和言霊からみる一音に最善な情報があります。それを伝えます。

五月末まで、セッション一万円だよ〜ん

★*☆♪(・∀・)ノLOVEName-MarketのHatsumiです。

私達が、地球で生活したり仕事したり色んな事に遭遇したりします。営みの中に、嬉しいことも楽しいことも、反対の何でこんなことばかり起きるのか?

沢山の感情があり、常に何かを感じていますね。

元々、私達はなぜ肉体を選んで産まれてくるのか?

ワタシもズッーと不思議で答えなんて出てきませんでした。

が、魂は今の人生のシナリオも身体も選んできているそうです。

うまくいかないことも敢えて、それを体験できるシナリオと身体を選んできている。

それが、地球での判断で不幸や不運といった解釈をしますが、そうではなく

その不運や不幸が体験できるシナリオと身体を選んだってことです。

そういうわけですから、その一見私達に見えるそれが不幸や不運といったことが起きます。

魂の目的は、それらを通して何かを気付くこと・学ぶことで、DNAの書き換えをするのだそうです。

で、ワタシはこの事を知ったときに、昔からいつも繰り返し起きるパターンや陥りやすい思考などを見詰めてみると、名前の裏の意味働きにいつもなるって気付いていたんですが、その意味がDNAの書き換えをするために気付け!というサインだったと分かりました。

一音に表の意味働きと裏の意味働きが、数個あります。

ワタシの名前なら「ハツミ」ですから、三つの音から成り立ちます。

表の意味働き複数 「ハ」 裏の意味働き複数

表の意味働き複数 「ミ」 裏の意味働き複数

となります。

大和言霊からの視点で、全体的に見てみると〜自分の望みや難なく出来ることや、いつも繰り返し起きてしまうことやパターンなんかが分かります。

魂はワザワザ、それが起きるようなシナリオと身体を選びました。

ワタシも含め皆さんも、ただ不幸や不運なんかではなく、そこに気付けるとDNAの書き換えをすることになります。自分で気付くこと学ぶことで、出来るんです。

魂は、その気付きや学びが喜びで、結果、魂の進化や成長に繋がると知っているから、ワザワザそのシナリオと身体を選んだんです。

地球で培われた古い視点で自分を見てみると、どうしても不足・不満・恐ればかりです。

その古い視点で自分を見るのを止めて、自分の魂の目的に沿った生き方に、変えていきませんか?

私達は、魂が選んだシナリオと身体を使って体験しにきています。

魂が選んだ意図に沿うこと、それが進化や成長に繋がると魂は知っています。

だから、魂から見ると不運や不幸ではなく、すべてポジティブなことしかないんです。ポジティブしか選んでいません。

名前の表の意味働きは侮れません。ピンときたかたは是非聞いてみてください。

自分の名前の意味に、感動しますよ

お読みいただき、ありがとうございます(*^▽^)/★*☆♪

広告を非表示にする

さすがは日本はダメ警察だな悪い犯罪者が増える訳だよな…

■警察署の清掃員、大半が偽名 点呼すり抜ける 静岡

(朝日新聞デジタル - 05月17日 08:05)

器の小さい客だな…(・_・ゞ

■同性愛者の入店禁止を迫る「お客さまの声」 店側の回答は苦情主に「もう来ないでください」

(BIGLOBEニュース - 05月16日 20:20)