読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく言われることだが

“時代を代表するアイドル”がピンク・レディーだった頃、学校で何かしくじる→教諭に慰(ナグサメ)められると思いきや揶揄(ヤユ)される→クラスメイトが調子に乗って囃(ハヤ)し立てる→屈辱感に耐えられなくなり泣き出す、って図式はほぼ毎日あったような気がする。ぃゃ確実に日常茶飯事だった。

それで教諭に「やっべぇ、やり過ぎちゃった」的表情も行動もない。

児童は“先生のお墨付きネタ”だから安心してイジれる。

「自分がイジられなくて良かった」という安堵感がそれを加速させるのかも知れない。

教諭は教諭で「ちゃんとやらないと晒し者にするぞ」という見せしめ的狙いがあったのかどうかはわからない。

 ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

小学校教諭 子供に不適切発言