読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日、初めてスカイツリーへ

東京スカイツリーを建設した大林組の関係者から、3月末日までの招待券を頂きましたので、昨日初めて行ってきました。

一度は上がってみたいと思っておりましたが、なかなか思い立つことが出来ませんでした。

せっかくの機会ですので

家を出たのが比較的遅かったので、到着は3時少し前。

その時間は比較的空いているのではないか?という予測。

平日ではあったのですが、春休み中ということもあって予想外の混雑でした

招待券を入場券に交換するのですが、当日券を購入する人の列はかなり長くなっておりました。

案内の人にどこで引き替えたらよいのか訪ねましたが、私の前に案内の人にたずねていた人は「今から並んでも入場出来ますか?」という質問。

それを聞いていると、「整理券をお配りしております。今からですと5時半のご入場になりますね」という返答。

それを聞いて愕然としました。その時が3時頃でしたので、2時間半待ちということになります。気持ちは半分以上「挫折」。

しかし、「招待券」は特別扱い

そのまますんなりとチケットへ交換してもらい、予約者と同じ扱いで、すぐにエレベーターのほうに案内されました。

どうやら当日チケットの客と予約者は別な扱いのようでして、エレベーターを待つレーンも違っておりました。10分ほど待つだけですんなりと350メートルの展望台へ。

最初の驚きは、このエレベーターの速いことと、加速、減速時に起こる重力変化があまりないことでした。ものの1分で350メートル展望台へ到着。

しかし、展望台は人でごったがえしていました。

すでに、地上へ戻る展望台階下へのエスカレーターも混雑しておりました。

展望台をゆっくり1周しました。天気は下り坂でしたがかろうじて見渡すことが出来ました。これで、雲の中だったら全く意味がないでしょうね。

上の展望台はどうしようかとも考えましたが、ここから先は別料金

上でもおそらくは上がるのに待って、下るのに待って・・・・ということは予想されましたので、やめておくことにして、そこから下りエレベータのある展望台階下に移動。

ここでは招待券特権もありませんので、下りエレベーターを待つのに約30分ほど並びました。

滞在時間は1時間半ほどでしたが、それなりに疲れました。

5時頃には「押し上駅」から帰宅の電車に乗っていたのですが、先ほど係員に尋ねていた当日券の客は、まだ入場券さえ手に入れていないわけですよね

もともと人混みが嫌いでして、こうしたアミューズメントパークなどにはあまり興味もないのですが、「話しのタネ」に一度は行ってみたい場所でしたので、一度行けば良いのかな・・・・という感じでした。

本当は水族館にも行ってみたかったのですが、気分的に昨日はパスまあ、機会があれば春休みを避けて水族館は別に行ってみたいと思います

帰りに府中駅近くの居酒屋で一杯は予定の行動