読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEAM BEYOND による、パラリンピア応援のライブ

先日のばちょーさんからのお誘いは、2020年東京開催のパラリンピックの後援(? でいいのかな?) である、TEAM BEYONDから、ライブとオリンピア・パラリンピアのコラボイベントでした。

抽選に当たったんだそうです。

天気が良かったので、まあまあ早くから動けたので、午前中は私が髪を切る中野区をうろうろ。

新井薬師に行って、御賽銭入れてきて、さて、朝御飯を食べてないというばちょーさん、何食べる?

けっこう悩みましたが、私も10年スパンで入ってなかったので、中野サンモール内のお寿司屋さん(廻るやつ)に入ってみました。

朝食べてないばちょーさんより、私のほうが食べた数が多いのなぜ?

私が髪を切る間は、ばちょーさんは駅前のマルイとかで時間を潰してくれてました。

嫌な顔ひとつせず、こうしてくれるとこ、ホントに良い子です。

その後は、ライブのために、話題の豊洲へ移動。

会場は豊洲pitというところでした。

豊洲は初めてでしたが、築地よりすごく行きにくくなる。市場移らないでほしいです。

動いてる分にはそれほどでもなかったのですが、待機するところが橋の上で、会場に入れるまでに1時間以上。海風が寒かったです。スタッフさん、次からはもう少し考えていただきたいです。

ライブは3組、間あいだにパラリンピアたちの話が挟まれるという形式でした。

ライブ出演者は、先陣が通称「リトグリ」というアイドルグループ。正しくは「リトルグリーモンスター」でしたっけ? リトグリ=リトグリフなので、忘れてしまいましたごめんなさい。

続いて、三浦大知(元Folder)、ラストがAIでした。

私はAIの一部しかわからないのですが、「story」ほか、3曲くらいわかりました。

アンコールは「みんながみんな英雄」でした。この曲は泣きます。

余談ですが、リトグリ三浦大知で、歓声の声の違いに笑ってしまいました。違って当然なんですが、咆哮のようなリトグリと、正に黄色い三浦大知

これで簡単に2時間過ぎてしまうんだからすごい。

帰りはアンケートに答えて、ハンドタオルをもらいました。

9時くらいになってしまいましたが、2人の分岐駅の東京駅まで出て、グランスタで23時くらいまでおしゃべりしました。

女子はおしゃべりが止まりませんね。

最終の1つ前のに乗ろうと計算したのですが、乗り換えで乗った京浜東北線が押し寿司どころでなく、肋骨でも折りそうな勢いで押し込まれたので、あきらめて上野で最終にしました。

しかも京浜東北線では場所が悪く、私のとなりは、壁ドン状態だったのに、そこに半ば首を突っ込む形になってしまって。それも嫌でした。

家に着いたのは午前2時前。

私にしては、内容の濃い1日でした。