読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身延山オフ

4月8日(日)は身延山オフに参加しました。

身延山と言えば、日蓮宗の総本山久遠寺がある所として有名です。

能楽好きには能『身延』『現在七面』や狂言『宗論』ゆかりの場所として、以前から行ってみたいと思っていたのですが、この度やっと行くことができました♪

中央本線スーパーあずさ1号に乗って甲府まで(あずさ2号って現在は下りじゃないんだそうですね、狩人を思い出しながら、笑)、更に甲府から特急で身延駅へ。

まずは身延駅近くの本遠寺へ。

こちらも日蓮宗のお寺です。

次にバスに乗って久遠寺へ向かったのですが、桜の季節で大渋滞 歩いた方が早いというので途中下車して三門まで歩きました。

重厚感のある立派な三門です。ここから本堂へは、菩提梯という287段の石段を登ります。1段分が普通の階段の2倍近くの高さがあるので、これがなかなかキツイ 「南無妙法蓮華経」と唱えながら登るのだそうです。

汗をかきながら何とか登りきると、五重塔がお出迎え。

境内には何本もの見事なしだれ桜が満開に咲き誇っていました。すばらしいです 中には枝が地面に付きそうなほど垂れ下がって咲いている木もあります。

本堂・祖師堂・報恩閣と見てまわって、ロープウェイで身延山山頂へ。

晴れていれば絶景が望めるはずなのですが、あいにくの雨で周囲は霧と雲で真っ白です(苦笑)

昼食を取ってから奥の院の思親閣へ参拝しました。

山頂はさすがに気温が低めでまだ雪が残っていました。

霧にけぶった奥の院というのも、これはこれで神秘的でいいですね〜。

本来の予定では山頂から裏参道を通って下るはずだったのですが、雨なので下りもロープウェイになりました。

日蓮上人御廟や草庵跡へ立ち寄ってから三門へ戻りました。

周辺にはたくさんのしだれ桜が咲いていました。ソメイヨシノもいいですが、しだれ桜の華やかさにはうっとりしますね〜

今回は雨の中の参拝で予定変更もあって残念でしたが、雨に濡れそぼつしだれ桜は幻想的で何ともいい風情があって、これもまた一興だな〜と思えました。

次の機会には是非とも『現在七面』ゆかりの七面山に登ってみたいです。

本遠寺

http://www.yamareki.com/minobu/honen.html

身延山久遠寺

http://www.kuonji.jp/

広告を非表示にする