読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボリビアの日本人移住区「サンファン」

パラグアイ首都アスンシオンから、バスで片道23時間、ボリビアへ移動

途中、検問と国境のimmigrationの2カ所で荷物検査がありましたが〜……ゆるいです 今まで経験したどこの国境もそうですが、陸路の国境ってのはセキュリティチェックが毎回テキトーなんですよね〜… 大きい荷物しか検査しないもんね…→ポケットやバス車内に麻薬とか隠し持っててもバレないと思う。しかも今回、何故か私の荷物だけ検査されず…荷物を開けて準備して待ってたのにスルー完全に忘れられていた そして検査されないまま荷物を持ってバスに戻ったよ。

サンタクルスの町では、日系人のかたの宿にお世話になりました。このサンタクルスには、有名な日本人移住区が主に2つあります。1つは沖縄からの移民達で作られた町「OKINAWA」、もう1つは九州からの移民達で作られた「SANJUAN(サンファン)」。

私はバスや乗合タクシーを乗り継ぎ、SANJUANへ行ってみました。写真はそのSANJUANで撮ったものです。

実はOKINAWAへも行くつもりだったんですが……SANJUANのトイレで、すっ転んで膝を強打&口を切って出血し、外は雨が激しく降ってきて、なんだか気分が落ち込み、OKINAWAへ行く気力がなくなってしまいました……ふっ

ボリビアは南米では最貧国と言われていますが、街中を走ってるバスもタクシーも自家用車も、見たかんじ8割ぐらいは日本車なのです 日本車普及率はおそらく南米イチだと思います。

しかし疑問……日本車って、かなりの高級品だと思うんですが、貧しい国の人々が買えるもんなのかなぁ

ボリビアは悪路だらけですが、それでもなかなか故障しないんでしょうね、日本車は。だから人気なのかな〜